イギリスカジノの税金の仕組みは

カジノといえばアメリカのラスベガスが有名ですが、もともとの本場はヨーロッパです。そのヨーロッパの国のひとつであるイギリスはブックメーカーがあるなどギャンブルが盛んに思われがちですが、実際に法律が整備されたのは1968年と遅いものです。この時のイギリスの考え方としては禁止するよりは合法化して管理するという消極的な方針で、その結果会員制が基本であり大衆娯楽として広がるものではなくイギリスのカジノはそれほど有名ではありませんでした。2005年には会員制でなくても運営できるようになりましたが、名だたる有名カジノは会員制をとっているところも多くあり、この場合には入会申請をした上で24時間経過しなければ遊ぶことができません。このためイギリスで遊ぶ場合には気軽に立ち寄って遊ぶということができないところもあるので注意が必要です。

オンカジ最新情報は確認した?バカラVIP賭け方の必勝法13選を紹介!ハイローラーの勝ち方とは?
一方でカジノで勝った場合に気になるのが税金です。基本的にはイギリスで課税されることはありません。これは他の国でも同様です。ただし帰国したさいには勝ったお金は所得となるため税務申告が必要になります。また出国時には1万ユーロ相当額以上は持ち出し申告が必要です。これらのトラブルに遭遇した時のために換金した場合には必ず証明証をもらっておき、そのお金の出処を証明できるようにしておかなければなりません。